【ポケモンXY】メタモンの能力、夢特性、捕獲方法とタマゴの組み合わせ方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 1 

どんなポケモンにも変身できる、へんしんポケモン、メタモン
バトル用に使われることはほとんどなく、もっぱらポケモンの生産に重宝される!
ポケモンXY メタモン
今回はメタモンの概要・夢特性、
効率の良い捕獲方法やタマゴのつくり方をまとめてみた!



スポンサードリンク

スポンサードリンク

メタモンとは

ポケモンXY メタモン
初代から登場しているポケモン。
ポケモンに変身する能力を持ち、「へんしん」しか覚えられない。

相手のわざやステータスまでコピーすることができるので、
戦闘能力はコピー元のポケモンに依存する。

【アニメの設定】
アニメでは同じポケモンが画面上に2匹いると、区別がつかなくなるので、
「へんしん」が下手なメタモンが、へんしんしたせいで顔がメタモンのままという設定が付け加えられている。
メタモン ピカチュウ
なんという妙案!
また、くすぐりに弱く、くすぐられると「へんしん」が解けてしまうらしいw

この「ピカチュウメタモン」はとても人気があり、ぬいぐるみやグッズが出ているほど!

夢特性:かわりもの

メタモンの専用特性。これは、「場に出た瞬間相手に変身する」、という特性。
変身すると相手の全ステータスをコピーしてしまう!(HP以外)。

場に出すだけで相手の技構成が丸分かりになる、チート特性と言える!

メタモンを効率的に捕獲するには

※ポケ速検証。他にももっと効率的にできるよ!という人は教えて!

まず、ミアレシティのボール屋で、
「クイックボール」「タイマーボール」「リピートボール」を30個くらいずつ買う。
(最初は10個くらいずつで試すほうがお財布に優しいだろう)

【クイックボール】
ポケモンXY クイックボール

【タイマーボール】
ポケモンXY タイマーボール

【リピートボール】
ポケモンXY リピートボール

そしてポケモンの村か、ポケモンサファリで、メタモンがでるサファリに入り、メタモンと戦闘!

ポケモンサファリについてはこちらも!↓↓
ポケモンXY フレンドサファリの仕様と特徴まとめ 友達をどんどん増やして拡張しよう!

戦闘開始1~3ターン→クイックボール
戦闘開始4~8ターン→タイマーボール
加えて、以前メタモンを捕獲しているならリピートボール
を交えて投げてみる。

どうしても捕まらない場合は、
逃げて他のメタモンに再挑戦している。

HPが1残るわざ、「みねうち」を覚えたポケモンで、HPをギリギリまで減らし、捕獲する
のも手!

メタモンを育て屋に預けると…

メタモンを育て屋に預けると、預けたポケモンによって、得られるタマゴが変わってくる。

①【性別があるポケモン+メタモン】
ポケモンXY
メタモンは預けたポケモンと同種かつ異性にへんしんすると解釈され、
預けたポケモンのタマゴが生まれる!

②【性別がないポケモン+メタモン】
ポケモンXY
性別不明のポケモンでもタマゴが生まれる!

③【メタモン+メタモン】
ポケモンXY
タマゴは生まれない!メタモンを増やすには野生での捕獲かプレイヤーとの交換でしかないのだ!

④【伝説ポケモン+メタモン】
ポケモンXY
伝説や準伝ポケモン等「タマゴ未発見」グループにいるポケモンは、タマゴは生まれない!

ネット上での反応

確かに!レアなポケモンに化けさせて売れば大金を稼げてしまいそうだ(´Д`;)

そんなこといっちゃダメーヽ(´Д`;)ノ

その解釈はなかったwwwww

メタモンまとめ

・どんなポケモンにもへんしんできるポケモン。
・アニメでは顔だけピカチュウのピカチュウメタモンが登場!
・夢特性は「かわりもの」見た瞬間に相手にへんしん!
・捕獲は開幕→クイックボール、4回以上→タイマーボールがおすすめ!

いかがだっただろうか。
ポケモンを生産する上で欠かせないポケモン、メタモン!

高個体メタモンを得るにはフレンドサファリや交換で根気よく粘るしかない・・・!

かくいう筆者もなんとか中堅のステータスのメタモンをゲットした!

ポケモンの生産・厳選がはかどって楽しい!

よく読まれる人気コンテンツ

よくツイートされる記事

7538
▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 1 

ポケモンの交流できるコンテンツやってます

One Response to “【ポケモンXY】メタモンの能力、夢特性、捕獲方法とタマゴの組み合わせ方まとめ”

  1. アンパン より:

    クイックボールの効果があるのは初ターンだけです。

コメントを残す(コメントを見たい場合は上へ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ